• 2006-11-07 18:31:30
  • 漂流日記:つくりました。
061107.jpgいま、南さん(+その他)と一緒にRF-IDタグを利用した実験をしています。ここ数年で工事がすすめられ、10月末の時点でキャンパス内には200近いリーダー(アンテナ)が設置されました。これを使うと、人の移動履歴や滞留時間などがわかるのです。人の動きはもちろん面白いのですが、モノにつけておけば、備品の管理とか落とし物のゆくえを追うとか、いろいろな可能性があります。
そこで、タグをちいさなノートにつけて、放流(放置)してみることにしました。名づけて「漂流日記」です…。ややこしく言えば、位置情報を検出できる、「移動する交換日記」のようなものです。リーダーのある場所に置かれているかぎり、このちいさなノートの〈居場所〉がわかります。もちろん、「圏外」に持って行かれたり、いたずらされたりというリスクはありますが、ノートを見つけて、何かを書き込んで、放置しておく。その日の気分によっては、それを別の教室に持って行ってもいいのです。

何かメッセージを書くために、キャンパスを歩き回って日記を探してみるのも楽しい(かもしれない)し、あるいは、たんに日記の動きを見守っている…ということもできます。(いまはあんまり見かけなくなった)駅の「伝言板」とか、ペンション?にある「らくがき帳」のようなものが、移動する…という感じです。
ふと思いついてから、すでに1週間ほど経ったので、とにかく、つくってみることにしました。表紙にRF-IDタグを貼っただけなので、もう少し工夫できそうですが、本日の夕刻、「漂流日記」(1号)は、キャンパス内を漂いはじめました。

qr.jpgちなみに、「漂流日記」(1号)(タグは“drifter1”という名前で認識されます)がいまどこにあるか…は、ここで確認できます。もちろん、(南さんのおかげで)ケータイから〈居場所〉を知ることもできます。表紙が緑色の、ちいさな(A5サイズくらい)ノートです。もし近くに漂っていたら、ぜひ何かを書き込んでおいてください。それから、せっかくなので、「漂流日記」(1号)と記念写真を撮って、送ってください(送り先・その他はノートの表紙の裏に書かれています)。いまのところは、こんな感じです:あなたは見た。(「漂流日記」専用モブログ)

<<坂出フィールドワーク | main | 60点 >>
--> 加藤文俊研究室
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
検索
最近のエントリー
nakanohito