• 2007-02-18 14:30:30
  • 東京マラソン
070218.jpg

【2007年2月18日(日):中央通りで】
※クリックすると拡大されます。 (取り急ぎ、写真だけ。寒かった…。)

2月19日(月)追記:
雨だし、寒いし、夕方から仕事が入っているし…という日曜日でしたが、やはり「現場」の雰囲気をじかに感じたい性分なので、東京マラソンの見物に出かけました。せっかくなので、銀座で見ようと思い、11時ごろ(スタートは9時過ぎ)を目指しました。中央通りなら、浅草で折り返したランナーも見ることができるはずです。4丁目の交差点付近はさすがに混雑していましたが、京橋寄りの沿道で、たくさんのランナーたちが走ってゆくのを応援しました。やはり、3万人が参加するというのは、なかなかの壮観でした。ぼくが見たかぎりでは、とくに大きな混乱もなく、それでいて惜しみない声援が送られていて、なんだかとてもいい感じでした。浅草では人形焼きがふるまわれたというし、赤い風船をつけたドクターたちの伴走や、1万人をこえるボランティアの参加など、いろいろな意味で「東京って、ちょっとカッコイイな…」と思わせるイベントでした。ほんの一瞬だったのですが、有森選手の走りも見ることができたし…。行ってよかった。

なにしろ第1回なのですから、いきなりロンドン、ボストン、ニューヨークなどとくらべてはいけないのだと思います。ぼくは沿道から見ていただけですが、じゅうぶんに愉しむことができました。「マラソン大会」それ自体は、とくにあたらしいイベントではないものの、住民参加型で都市のイメージを高めていく、ひとつの方法なのだとあらためて感じました。通行止めのおかげで、あまり商売にならなかった(と思われる)お店には、あとでみんなで遊びに行くようにしましょう。クルマが使えなくて不便だなどと言わずに、この日はのんびり歩いてみればいいのです。もちろん、改善すべき点はいくつもあると思いますが、都市の文化として根づかせる第一歩としては、上出来だったのではないかと思います。なによりも、あの悪天にもかかわらず、多くのランナーたちがとても愉しそうに見えて、いい気分になりました。

東京マラソンを聞く

<<歩く (2月前半) | main | インコ >>
--> 加藤文俊研究室
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
検索
最近のエントリー
nakanohito