• 2007-03-27 22:42:03
  • 七尾
ちょうど去年の今ごろ、ひさしぶりに七尾を訪ねたのですが、日曜日(25日)朝の能登沖地震のニュースには驚きました。みんな、だいじょうぶだろうか…と心配していたら、帰省中だった同僚のMさん(は、たしか金沢だったと思いますが)の日記には「無事だ」との書き込みが。ほどなく、七尾のM山さんからもメールが来ました。(大学を卒業したばかり…のはずの)弟さんがコミュニティを立ち上げて、「日本のみんな!七尾に元気を分けてくれ!」プロジェクト!が始動しています。こういうときにこそ、ブログやSNSが役に立つのかもしれないな、と感じました。昨年お世話になったK林さん(一本杉通り)のブログをのぞいたら、テレビで報道されるより、被害は少ない…と書かれていました。よかった。

もちろん、時間が経つにつれて、いろいろと明らかになってくることは多いと思います。そして、地域によっては、本当に大きなダメージを受けているはずです。遠く離れていて、現場を知るわけではないので、無責任なことは言えませんが、じぶんが訪れたことのある地で、お世話になった(なっている)ひとびとが無事であることを確認できて、ひとまず安心です。テレビに流れる映像は、どうしてもセンセーショナルなものが多く、それがくり返し流されているのは問題ですね。ひとりひとりが、それこそカメラ付きケータイなどで、「それぞれ」が見た現状を報告していけば、細かいことも、デリケートなことも、より厚みのあるかたちで描き出されてゆくと思います。

去年いただいた『Nijin(にんじん)』(2006年1月号)を眺めました。あの「微笑み」のパワーがあれば、だいじょうぶだと思います! ぼくたちに、何ができるか…を考えてみます。

<<できること | main | いろいろ >>
--> 加藤文俊研究室
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
検索
最近のエントリー
nakanohito