• 2007-03-31 21:24:09
  • 今日までそして
変化の季節。今週は、送別会などいくつかの集まりがありました。ちょうど1年前の桜を思い出しながら鰻を食べたり、この2年間をふり返りながらオムレツ(デンマーク風)を食べたり。そして、その最後が「追いコン」でした。あらためて考えてみると、「追い出しコンパ」というのは不思議なネーミングですね。大学4年生は、卒業して、わざわざぼくたちが追い出さなくても、みずから出てゆくのです。ようやく、出発なのです。3月31日にベッドに入って、翌朝起きたら「社会人」になっている…というのは、まさにエイプリルフールのようです。きっとみんな、「うそみたい」と思うことでしょう。

070328.jpg

じつはぼくたちにとっても、「うそみたい」なことで、6人の姿を教室で見ることができないのは、それはそれで喪失感があります。文字どおり、空白ができるのです。そう言いながら、また来年になれば、おなじような気持ちでブログを綴っているはずです。大学に勤めていると、それはあたり前に、毎年くり返されます。
これからの長い時間のことを考えれば、大学の4年間、さらにそのなかで過ごしたゼミの2年間なんて、本当に短いものです。だからこそ、ぴー●さんのように、おなじ時期に一緒に机を並べたということを、「必然」として理解するのが正しいのかもしれません。うれしい「偶然」のような気もします。しゅ●の体調が心配です。
皆さん、おめでとうございます。

なぜだか急に欲しくなって、4月はじまりの手帳を買いました。
(♪今日までそして明日から - クミコ)

<<望河 | main | できること >>
--> 加藤文俊研究室
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
検索
最近のエントリー
nakanohito