• 2008-01-28 19:03:55
  • 郵便屋さんの歩数を計ってみる。
(大した内容ではないので、忙しいひとは読まないでください。)

ちょっと思いついたので、実験してみました。「健康増進」のため?ほぼ毎日、デジタル歩数計を持ち歩いているのですが、便利なことに7日分の歩数が本体に記録されます。しかも、かなり優秀なセンサーなので、ちょっと手に持って振ったくらいでは、カウンターの数字は変化しません。ちゃんと、「歩いている」状態を検知するのです。そこで、じぶん宛てにこの歩数計を送ってみれば、ポストから回収されて、郵便局で仕分けされて、ふたたびぼくのところに配送されるまでのあいだ、この郵便物が何歩すすんだかがわかるだろう…と思ったわけです。そう、じぶん以外のひとの歩数を、勝手に計ってしまうというあたらしい試みです。

(1) 投函:2008年1月26日(土)10:00ごろ。
デジタル歩数計を、エアキャップで簡単に梱包して茶封筒に入れ、うちから一番近いポストに、投函しました。正確には、ポストに投函していません。いいタイミングで、ちょうど、集配のクルマが停まっていたので、直接郵便屋さんに手渡しました。※PCの前(自宅)〜ポストまでが、148歩でした。なので、149歩めからは、ぼく以外の誰かが、ちいさな茶封筒とともに移動した歩数になります。
(2) 回収:2008年1月28日(月)18:30ごろ。
包みが届いて(戻って)いました。それを、ふたたびPCの前まではこびます。※ちなみに、うちのマンションのポストから、PCの前までが61歩です。
(3) 結果:茶封筒(郵便屋さん)は、何歩歩いたか。
デジタル歩数計を取り出して、歩数の記録を確認すると、以下のような結果でした(すべて、ポストまでのぼく自身の歩数を引いた数字です)。
 26日(土):97歩
 27日(日):0歩
 28日(月):134歩
本当に、どうでもいい実験ですが、ぼくが投函した封筒は、仕分けなどされつつ、土曜日に97歩分移動して、日曜日はどこかでじっとしていて、月曜日になって134歩分、郵便屋さんとともに移動しました。そうです。3日間で、231歩すすみました。小さな包みが、日曜日に、郵便局のどこかでじっとしていた姿を想像すると、ちょっと暖かくなりませんか。
終わり。(つぎの実験は、うちから職場までのあいだの郵便屋さんの歩数計測です。お楽しみに。)

<<ひさしぶりの、野毛。 | main | 中吊りギャラリー・アゲイン >>
--> 加藤文俊研究室
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
検索
最近のエントリー
nakanohito