IMG_0126.JPG

ここ2週間ほど、いろいろなイベント続きで、きちんと記事を書けずにいます…。まずは、7月9日のことから。
AR Commons設立記念シンポジウムの前日ではあったのですが、今学期最後の「キャンプ」として、浅草寺の「ほおずき市」に出かけました。この日は、ひさびさに「ポッドウォーク」の収録です。3人(あるいは4人)のグループに分かれて、それぞれが「ほおずき市」を散策するための「音声ガイド」を作成しました。

・ほおずき市を歩く http://vanotica.net/snd/090709.html

「ポッドウォーク」は、2006年の3月ごろから、いろいろと試してきたのですが、けっきょくは、道案内(ナビゲーション)というよりは、道行きの “おしゃべり相手”として考えたほうがいいように思います(厳密にはおしゃべりはできませんけど)。つまり、ある程度土地カンのある場所を、誰かの声(おしゃべり)を聞きながら歩くという体験が、面白いのでしょう。歩いていると、いろいろな刺激があるので、話がはずみます。ふと何かを思い出したり、昔見た情景が重なったりして、じつは収録するほうも、じゅうぶんに愉しいのです。威勢のいいかけ声や、風鈴の音もバックに流れていて、「ほおずき市」の囲気を、耳で感じることができます。


(3GSで撮ってみました)

浅草の「ほおずき市」は、毎年、この時期になると、入谷の「朝顔市」とともに思い出してはいるものの、なかなか足をはこぶのが難しくて、4年ぶり。浅草寺の本堂(観音堂)は、いま工事がおこなわれていて、ふだんとはだいぶちがった趣でした。来年11月ごろまで、シートで覆われているようです。
昼間は30℃近くまで気温が上がって、すっかり真夏の陽気でした。浴衣姿のひともちらほら。夕方になって灯りが点り、ほおずきの鮮やかな色が浮かび上がります。川からの風で風鈴が一斉に鳴って、涼やかな気分に。また、これで、四万六千日(しまんろくせんにち)のご利益をいただけそうです。「ほおずき市」は夜遅くまで、賑わいます。のんびりしたかったのですが、翌日のことを考えて、早めに切り上げました。

(♪ I'm shadowing you - Blossom Dearie)

<<Arctic Melt | main | 地域活性学会 >>
--> 加藤文俊研究室
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
検索
最近のエントリー
nakanohito