• 2004-01-18 23:13:26
  • 火曜日・三田 西校舎ホール
(研究室のトップページをブログにしたら、書かなきゃ、という気持ちが強くなりますね。)

慶応のアートセンターの企画でこんなのがあります。生命を寿ぐ ---- 高校生の声の力
身体の重要性が声高に叫ばれている現在にしてなお、ここまで肉声を駆使した、しかも集団による真摯な試みは類例がありません。集団発声や個人朗唱による和歌や俳句の「読み」は、たんに伝統文化をおさらいする仕草を超えて、若者たちの心に宿る柔軟な感性や自発性が、いまここに開示される場でもあるのです。
とのこと。志木高生が舞台に上がるのですね。ひさしぶりに三田に行って、後輩たち(こういうときだけ、先輩ヅラする…)の姿を見てこようかな…と思います。

<<きょうのサイドミラー | main | インポート >>
--> 加藤文俊研究室
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
検索
最近のエントリー
nakanohito