さて、3月は出張やイベントがたくさんあって、なかなかきちんと書く時間がありませんでした。ご承知のとおり、この時期は、報告書や申請書の類を書いたり、納会とか送別会のような集まりに呼ばれたり…。そうしているうちに、桜の開花宣言となりました。新年度をむかえる前に、少しずつキャッチアップしましょう。まずは、iCTLT 2010から。

3月3日 (水) 〜5日 (金) にかけて、iCTLT 2010 (International Conference on Teaching and Learning with Technology) という学会に参加するため、シンガポールに行ってきました。シンガポールのMinistry of Educationに勤める知人に紹介されて、発表の申し込みをしました。参加は初めて。かなり大きな規模で開催されていて、現場の“教員”が多いという印象でした。それを反映して、プレゼンテーションは実践の報告が多く(というより大部分が教育実践、事例紹介だったと思います)、とても面白かったです。たとえばポッドキャストのコンテンツをつくらせる、ブログで学期中ジャーナルを書かせる、GPSをつかった地理教育のプログラムをつくる、などなど。“フィールドワーク+Web2.0”という言いかたをしているプロジェクトもあって、「キャンプ」を考えているじぶんとしては、なかなか刺激的でした。もちろん(やはり?)、twitterを導入した授業の試みも、演題としてプログラムに記載されていました。実際には、発表者の都合で急遽キャンセルとなり、twitterの文字に惹かれて会場にやって来た(と思われる)人たちの落胆ぶりが、ちょっと愉快でした。それだけ、twitterの教育的な利用可能性については関心が高いということなのでしょう。

IMG_0791.JPG

ひとつひとつを見れば、じつは、どれも、それほどめずらしい試みではありません。ぼくたちの周りでも、似たような試みについて、すでに耳にしています。ただ重要なことは、紹介されていた試みの大部分が、中学生〜高校生向けの授業の取り組みだという点です。テクノロジーを前提とした教育のあり方を模索する。それが、教育に関わる教員やスタッフ間でかなり明確に共有されている、そんな感じがしました。国を挙げて、「スマート・シンガポール」(科学技術立国)への戦略を謳うだけあって、教育分野でのテクノロジーのあり方を、徹底的にみんなで考えている、そのパワーが伝わってきました。(やや過剰気味な)デジタル礼賛のストーリーが多いようにも思えますが、“実験する精神”に溢れ、いろいろな試みが展開されているようです。ふだん、自分が相手にしているのは、大学生ですが、いまのアジア諸国の中学〜高校生がどのように教育を受けているのかを見ておくことは、とても大切なことだと言えるでしょう。

ぼくは、昨年9月に実施した家島でのフィールドワーク(キャンプ)について報告しました。日本ではほとんど知られていない学会なのか、プログラムを見たかぎりでは、日本人の発表者はぼく一人だけでした。そのおかげで、futureGOVというウェブマガジン(でいいのでしょうか)から取材を受けました。

・"Japanese uni embraces mobile learning" futurGOV (March 9, 2010)
・Kato, F. (2010) "Camp" as an alternative mode of learning: A case of Ieshima workshop, Japan. slideshare: http://www.slideshare.net/ganmo/ictlt2010-kato-f-3404137

気温12℃くらいの東京から、いきなり30℃のシンガポールへ。そして、ふたたび東京へ。慌ただしく過ごしましたが、とてもいい旅でした。

<<4月22日のつぶやき | main | 墨東に暮らす人びとのポスター展 >>
--> 加藤文俊研究室
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
検索
最近のエントリー
nakanohito