• 2004-02-13 10:20:47
  • 〈場〉のチカラ
2004年春からの履修を希望していた皆さま:

〈場〉のチカラプロジェクトに興味をもっていただき、ありがとうございました。プロジェクト運営の都合上、どうしても人数をしぼる必要があり、選考をおこないました。
ひとを選ぶというのは本当に難しいのですが、これまでの「研究プロジェクト」での経験をふまえて、じっくり考え、結果を出しました。

ケースバイケースだとは思うのですが、ぼくの「研究プロジェクト」との接点があるか、学生にとって意味のある〈場〉かどうか…という観点から判断しました。誤解のないように書いておくと、今回の結果は「現時点での」判断だということを理解してください。つまり、履修OKという連絡が届いたひとも、実際に活動してみたら、“期待していたのとちがう”と思うかもしれません。今回、残念ながら履修できないひとについては、関心のあるテーマが具体的に整理できていなかったり、あるいは他のプロジェクトのほうがより学生のニーズを満たすと思われたり、これらはいずれも時間とともに変わる性質のものだと理解しています。

履修希望の連絡をもらった時点で、ひとつの「つながり」ができたわけですから、当然のことながら、「研究プロジェクト」の“履修”というカタチを取らなくても、必要であれば、引き続きこの「つながり」を維持し、育んでいくことができます。他の「研究プロジェクト」の内容や大学のカリキュラムについて熟知しているとは言い切れませんが、わかる範囲で学習計画などについて相談にのることもできるので、気軽に連絡してください。

<<読みかたは、オクートでいいの? | main | 「カレル・ゼマン レトロスペクティブ」 >>
--> 加藤文俊研究室
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
検索
最近のエントリー
nakanohito