• 2007-08-22 06:27:37
  • 5年日記
まだまだ暑い日が続いています。もう3か月ほど前のことですが、ブログを本にしてくれるというサービスがあるというので、試しにこれまでの記事を綴じてみました。オンラインで注文して、サイズや表紙をえらぶだけです。2003年5月から今年の5月末までの分を製本したら、470頁(四六判)になりました。

できあがった「ブログ本」をぱらぱらと眺めていて、「5年日記」を思い出しました。何年か前に買ったことがあるのですが、(予想どおり)続きませんでした。綴じられたブログは、最初から読み返すというよりも、たとえば“去年の今ごろは何をしていたんだろう…”と、ふり返るのに便利です。もちろん、コンピューターの画面でもおなじことはできるのですが、ぱらぱらとふり返るのは、けっこう愉しい思考のモードです。相変わらずだなぁ…と進歩のなさを感じたり、逆に、時間をかけてかたちになった事柄が思い出されたり。毎日書いているわけではないので、多少、前後にずれたりしますが、8月の今ごろは、何をしていたのか。
なるほど、去年の今ごろはパロアルトにいました。2年前は東京のまちを歩き、3年前は葛飾柴又での調査の準備をはじめていました。そして、4年前はISAGA2003の仕事で、ほとんど身動きが取れない状態でした。

・2006年8月20日(日):地球は回る。
・2005年8月18日(木):東京見物
・2004年8月24日(火):15年前の、さらに5年前。
・2003年8月8日(金):こっちでも

(♪人生の扉 - 竹内まりや)

  • 2007-08-16 12:27:29
  • なるほど。
まるで、「トランスフォーマー」(まだ観ていません…)の公開に合わせたかのような、日産・DUALISのコマーシャル。あれは、なかなかカッコイイです。それで、DUALISのサイトを見ていたら、「スペシャルコンテンツ」がありました。しかも、ちゃんと「Copy to Blog」なんていうのも用意されていて…。やるなー。



たしかにロボットの状態のままだと、パーキングには困りそうですね。あと、ガソリンスタンド編?もオススメです。

は●きが入院した…と聞いたので、お見舞いに文庫本でも送ってあげよう、ということになりました。どうせなら、あの当時(といっても、彼はまだ就職して4年目ですが)の写真を添えたら面白いかもしれないと思い、しばしハードディスクを探索。木更津に行ったときの写真が出てきました。



【(記憶が正しければ)2002年10月末ごろ】
※写真をクリックするとスライドショーのように見ることができます(7枚)。

あの頃は、けっこうロモで撮っていました(AGFAは、まだ破産申請をしていませんでした)。ブログも、Google MapもFlickrもYouTubeもまだでした…。ところで、あまり考えずに病院宛てに荷物を送ってしまったのですが(そして、懐かしい写真は同封せず)、ちゃんと病室まで届くのかなぁ。

(♪One Night Carnival - 氣志團)

beer.gif残暑お見舞い申し上げます。
無事に、坂出(香川県)でのフィールドワークが終わりました。このへんで、リサーチ・キャラバン(旅する調査団)について整理しておきましょう(前からやろうと思っていたので、白地図を塗ってみました)。規模のちいさいもの、やや“インフォーマル”なかたちで実施したものについては地図を塗らず、リストにのみ記載しました。このペースですすめると、47都道府県を塗りつぶすには、やはりあと数十年はかかりますね。(いずれは海外でもやってみたいし…)

地図は白いところがほとんどですが、ぱっと見たところ、つぎは東北、近畿、中国、九州地方のいずれかでしょうか…。どこに行けばよいか、アイデアなどありましたらご一報ください。

map07_summer.gif

・2003年
【東京都】丸ビル・六本木ヒルズ・汐留(大型複合施設を見物する)
 |場のチカラプロジェクトスタート|“ケータイ・チョーサタイ”発足|
 |“共有モブログ”(現在のktaifoto.net)スタート|きょうのシモムラスタート|

・2004年
【長野県】諏訪市(御柱祭)
【神奈川県】桜木町・野毛町
【東京都】葛飾柴又(とらP1)
 |卒業制作展(横浜赤レンガ倉庫1号館)に出展|

・2005年
春・秋:ハングアウト(たまり場のコミュニケーション)
【東京都】葛飾柴又(とらP2)
【石川県】金沢市(かなP1)
 |フィールドワーク展I(@銀座・artist in)開催|

・2006年
春:特別研究期間 秋:モバ!東京
【福井県】鯖街道・熊川宿(サヴァ!)
【石川県】金沢市(かなP2)
【東京都】東京駅(100人の東京駅)
【神奈川県】桜木町(メガネ調査)
【東京都】葛飾柴又(宵祭り)
【香川県】坂出市(さかP1)
 |フィールドワーク展II(@恵比寿・POINT)開催|

・2007年
春:まち{で, を, が}{あそ, まな}ぶ 秋:Reading Edge
【神奈川県】湘南エリア(江ノ電沿線)
【東京都】浅草(100人の浅草ロマン)
【香川県】坂出市(さかP2)
【北海道】函館市(はこP1) *予定
 |フィールドワーク展III(@自由が丘・gallery size)開催|中吊りギャラリー(@江ノ電車内に掲出)|

・2008年
【長野県】小諸市 *予定

ここ数年で、「ちいさなメディア論」(2001〜2002年)や「学習環境とコミュニケーション」(2001〜2002年)で扱ってきたテーマやアプローチが、“コミュニティの調査と地域メディアのデザイン”というかたちで整理され、プロジェクトとして実施できるようになってきました。冊子やポストカード、中吊り広告、ゲームなど、まとめかたはさまざまですが、いずれも、地域のあたらしい理解を創造し(発見・再発見)、関係形成やコミュニケーションの促進に役立つ「ちいさなメディア」です。フィールドへのアクセスの問題から、作成された「ちいさなメディア」の公開・流通というところまでの「しかた」をデザインすることがテーマです。今回、坂出では、1泊2日で30秒のCM映像をつくるという、ワークショップ型のフィールドワークを実施しました。

070809.gif

最近は、「おみやげ/おきみやげ」について考えています。「おみやげ」は、旅先などで、持ち帰る(あるいは人に贈る)ために、その土地で手に入れます。記念写真は、その地に足をはこんだという記録になって、家族や友だちに写真を見せることで、その経験を共有することができます。キーホルダーやペナント(最近は見かけない?)を集めていけば、じぶんの旅の足跡を積み重ねてゆくことができるはずです。そして、お菓子のたぐいは、場所の経験を舌に覚えさせてくれます。
フィールドワーカーには、みずからが見たこと・感じたことを「おみやげ」として持ち帰り、それを報告する使命があります。フィールドワークの経験を、再構成し表現しようとすることをつうじて、その土地の生活や文化が「見える」ようになるので、わかりやすく整理して、みんなに「おすそ分け」をすることが重要なのです。

さらに考えてみたいのは、「おきみやげ」です。「おきみやげ」は、なんとなく、前任者が未処理のまま置き去りにした「残務」のようなイメージがあって、もう少しいいことばをさがしたいとは思うのですが、つまりは、「何か」を置いて帰るということです。もちろん、今回のようにその場で「何か」をつくって、文字どおり置いて帰るのが難しい場合は少なくありません。その場合でも、「おきみやげ」について、考えてみる必要があります。たとえば、これまでに作成したポストカードは、あとからかならず調査した地域(コミュニティ)に送り、活用してもらえるようにしてきました。「中吊りギャラリー」(2007年7月9日〜20日)は、調査対象となったエリア(および対象となったひとびと)の日常的な場面にできるだけ近づいて、フィールドワークの成果を報告する試みです。フィールドワークの経験は、ぼくたちの手許だけで活用するのではなく、その土地に「還る」必要があるのです。

070809.jpg

さて、以下が坂出で作成された30秒のCM(ビデオ)です。4つのグループが、それぞれの取材をおこない、それぞれのアイデアで編集作業をすすめました。ぼくたちの「おきみやげ」はどうなるのか…。それは、地域のかたがたにおまかせするしかありません。決して、無責任なことを言うわけではなく、けっきょくは、地元のひとが創らなければダメだと思うからです。そのきっかけづくりになるような、少なくとも話のタネになるような、「何か」を置いて帰ることが、ぼくたちの活動の意味だと考えています。
地域メディアとしてのデザインが優れているならば、「置いて帰る」は、きっと「置いて変える」となり、微力ながらも地域に貢献することになるはずです。




【上左:「坂出は、匂う。」/上右:「再発見 坂出」/下左:「お∩お∩お=坂出」/下右:「ずっと…」】
※YouTubeのページに行くと(まん中の再生ボタンの外側をクリック)、大きなサイズで見ることができます。

070804-1.jpg予定どおり、8月4日(土)〜5日(日)にかけて、坂出に行ってきました。ぼくをふくめて22名。台風5号(ウサギ)は無事に通過し、想像はしていましたが、とても暑い!そして、ちょうどこの週末は坂出の「大橋まつり」で、かなりの賑わいでした。熱い!
前回は、ひとりひとりがまちを歩いて写真を撮り、文字を添えて、ポストカードを作成しましたが、今回は4つのグループに分かれて、取材などをしながら30秒のCM(ビデオ)をつくるというプロジェクト。初日に素材を集めて、夜通し編集作業をすすめ、2日目の午後には上映会…という短期集中型です。2泊3日のワークショップはこれまでに何度か企画・運営してきましたが、1泊2日は未体験。時間的には、ギリギリ…という感じでしたが、ぼくとしては満足です。作成したCM映像もふくめ、今回の試みについては、またあらためて報告します。

取り急ぎ、この場を借りて。今回も、多くのひとに助けていただきました。前回の調査のときからお世話になっているかたがた(市役所のF田さんをはじめ職員の皆さま)はもちろんのことですが、あらたな“つながり”も生まれました。12月以降、もっぱらメールでやりとりをしていた(一度東京でお目にかかりましたが)坂出JCのS本さんには、宿のことからビデオ編集のための作業スペースのことまで、本当にお世話になりました。四国ドリームビズのK山さんは、ポストカードを介してぼくたちの活動を知ったとのこと、これは嬉しい。いろいろとありがとうございました。そして、香川大のF川先生にも会うことができました。今回は調整がうまくいきませんでしたが、何か一緒にできればと思います。そして、何よりも、学生たちの取材にお付き合いいただいた商店街の皆さまに、心よりお礼を申し上げます。そもそも、今回の試みは、取材(フィールドワーク)に協力していただくことなしには実現しませんでした。

【プレス】
・四國新聞 2007/8/5 「よそ者」視点生かしまちの魅力CMに 人のぬくもり、祭りの熱気…
[ 070805.pdf]
 * ウェブはここに:http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20070805000062

・7月の歩数です。
→ グラフでみる7月1日〜31日の歩数

【ふりかえり】 7月前半、歩数計が見あたらなくなり、「0歩」の日が数日…その後、見つかりました。後半は暑い日が続き、あまり歩いていません。一番たくさん歩いた28日は、「100人の浅草モダン」の撮影会でした。とても暑くて、1時間ほど歩いただけで汗だくになりました。この31日間で143,604歩(1日平均4,632歩)。

  • 2007-07-29 09:49:29
  • 浅草
昨年は「100人の東京駅」でしたが、今年は「100人の浅草モダン」です。7月15日(日)に予定されていた撮影会が、台風のため延期となり、28日(土)に実施されました。延期されて、ちょっと慌ただしいスケジュール調整だったにもかかわらず、ちゃんと100人集まったようです。
隅田川の花火大会の日だったので、撮影は午後2時まで(早めに浅草を離れないと、見物客で身動きがとれなくなります)。また、投票日の前日とあって、雷門の前にも宣伝カーが留まって、最後の追い込みでした。ゆかたを着たひとも、外国人の観光客も、夏休みの子供たちも、とにかくこの日の浅草は賑やかでした。日差しも強くて、いよいよ夏本番です。とにかく、暑い!

070728-2.jpg 070728-1.jpg

【2007年7月28日(土):100人の浅草モダン・撮影会】

そして、この日集まった100人が撮った写真は、10月はじめから2週間ほど、ギャラリーA4(エークワッド)で展示されます(詳細は後日…)。今年は、ぼくも参加者のひとりとして撮影しました。使い捨てカメラは、ずいぶんひさしぶり…。ピンぼけ写真が多いのではないかとちょっと心配ですが、まぁそれも愉しみの一部です。展示されるまで、ドキドキしながら待つことにします。
なお、昨年と同様、加藤研究室の展示も併設されることになっています。

[map:東京都台東区浅草1-31-2 ]

(1時間ほど歩き回ったらもう汗だく。腹ペコ。せっかくなので、「あの店」で、あなごの釜飯!)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
検索
最近のエントリー
nakanohito