ちゃんと、続けています。「歩く」と「私はここに」をセットで。
デジタル歩数計については、ずっと忘れずに持ち歩いて記録しているのですが、昨年の12月はじめにノートPCを破損し、歩数のデータを失いました。マメに載せておけばよかったのですが、残念です(データをリカバーできたら報告します)。もちろん、RF-IDタグも、忘れずに持ち歩いています。

・まずは、1月前半の歩数です。
→ グラフでみる1月1日〜15日の歩数

・そして、2007年1月1日(月)〜15日(月)、わたしはここに。















※RF-IDの実験は、Beluga Project のサポートによっておこなわれています。

【ふりかえり】 まず歩数については、この15日間で83,588歩(1日平均5,573歩)。まぁお正月ですから、しかたないでしょう。べつに「寝正月」というわけでもなく、のんびり…という感じでした。あまりに寒いとつらいのですが、じぶんとしては、冬のまちのほうが歩いていて楽しいので、徐々にペースを上げて行きます。ストライプのほうも、お正月らしく紅白で描かれました。白いところが多い(=つまり、大学にいなかった)のは、おそらく健全なことです。

  • 2007-01-15 23:54:51
  • SXF@A
【セミナー】
お声がけいただき、SXF@A (shrinking cities X fiber city @ akihabara) の“トーク・イン”(渡辺保史さんのセッション)にプレゼンターとして参加することになりました。

・トーク・イン 縮小する都市の未来を語る
日時:2007年1月28日(日)〜2月18日(日)- 2月11日(日)をのぞく金・土・日(全9回)
場所:AKIBA_SQUARE 秋葉原UDX2階
※ぼくが参加するのは、2月9日(金)17:00〜20:30「コミュニティに根ざした情報デザイン」というセッションです。

  • 2007-01-14 17:12:18
  • 連写のテスト
070114.jpg

「え、またぁ?」と言われそうですが、デジカメ買いました。やはり、マニュアルをちゃんと読んで使わないとダメですね。先週の火曜日、O山くんたちと一緒だったときは、よくわからずに使っていましたが、このモードにすると、2秒間が16コマで切り取られます。その後、調べてみたら、デジカメ、デジタルビデオカメラ用のコンバージョン・レンズもつけられるみたいです。純正のワイドも考えていますが、「セミ・フィッシュアイ」にも惹かれます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

ここ数年の大晦日は、だいたい格闘技と紅白歌合戦を行ったり来たりして過ごし、「ゆく年くる年」を見ながら新年を迎えることが多かったのですが、ひさしぶりに出かけることにしました。2004年の夏以来、フィールドワークで柴又に出かける機会は何度もありながら、大晦日を見るのははじめてです。直前に、帝釈天が「ゆく年くる年」のキーステーションになっていることを知りました(中継で結ばれるのは、伊勢神宮、知恩院)。
11時半ごろに柴又駅に到着。ふだん歩いている参道は「帰り道」用に規制されていて、向かって右側の門から入るようになっていました。ガラガラでもなく、大混雑でもなく、ちょうどいい混み具合です。テレビのライトのおかげで、境内は明るく、帝釈天はとても美しく照らされていました。屋根の緑は、青空の下で見るのとはまたちがった趣で、なかなか綺麗です。やがて、どこからともなくカウントダウンがはじまり、新年を迎えました。今年がよい1年になりますように。

061231-01.jpg 061231-02.jpg
061231-03.jpg 061231-04.jpg

【2006年12月31日(日)〜2007年1月1日(月):葛飾柴又・帝釈天で】
※クリックすると拡大されます(ちょっとLOMO風にしてみました)。

[map:35.758352,139.877879]

●おまけ:動画で見るカウントダウン直後の帝釈天 (mpeg4)
鐘の音よりも、アナウンスのほうが大きく聞こえます。 (25sec. 1.7MB)

  • 2006-12-28 08:12:36
  • 2006-2007
2006年1月〜12月に、ケータイフォトに送られた写真(数枚はデジカメで撮ったものです)を使ったポストカードをつくりました。いろいろな事があった1年なので、30枚足らずの写真でふりかえるのは、なかなか難しいのですが、それなりに流れを追うことができます。とくに9月末〜12月はドタバタと過ぎ去りました(写真はありませんが、メガネ調査とか余暇時間の調査とか、街頭で調査をする機会が多かったように思います)。夏(春学期)はサバティカルでアメリカに行っていた…なんて、ウソみたいです。皆さま、よいお年をお迎えください。

0607.jpg

POST:ハガキで考える(細々と更新中)

  • 2006-12-26 08:35:21
  • 2007年度春学期
title.gif

2007年度春学期の研究会シラバス(暫定版)を公開しました。年末〜年始にかけて加筆・修正する予定なので、マメにチェックしてください。

・2007年度春学期 研究会について http://vanotica.net/07S/
・研究会シラバス http://vu.sfc.keio.ac.jp/project/

  • 2006-12-19 20:16:38
  • 飾るより磨け!
061215.jpg11月7日にキャンパスに放った「漂流日記」を、ひさしぶりに発見しました。ふだんは、ウェブでどこにあるかを確認していて、それだけでもけっこう面白いのですが、やはりたまにはページをめくって、どのような書き込みがあるのかを見てみたくなります。最初のころは、居場所がわからないと心配になって、落とし物として届けられていないかどうか事務室まで確認に行ったりしたのですが、徐々にどういうものなのか性格がわかってきました。まるでペットのよう…。ときどき(だいたい2〜3日)、行方不明になるのですが、ちゃんと還ってきます。ちょっとばかり、心配させてくれるところが、可愛く思えたりもします。

いくつか気づいたことなど:まず、タグが入っているポケットの部分が、セロテープで補強してありました。誰だかわかりませんが、ありがとうございます。他キャンパスに通う学生や浪人生(自称)も、たまたま「漂流日記」を見つけて書き込みをしてくれました。そして、一番印象に残ったのは、11月24日にλ18教室で書かれた「そうじのおばさん」からのメッセージです。

      飾るより磨け!

これは、ものすごく深いぞ!たんに教室をキレイに、ということではないはず。学生たちも(そして教員も)、飾ってばかりいないで、(中身を)きちんと磨きましょう!…という直球です。ズシッときます。

2006・11・24(金)給料日 λ18
そうじのおばさんです。清掃中に、忘れ物かと思い手にしてしまいました。
仕事中に、こんなことをしていて、良いのでしょうか。
相棒は、セッセと掃除機をかけています。

★飾るより磨け!!
学生の皆様、校内の美化に御協力を!


なによりも、こういう書き込みをしてくれる「そうじのおばさん」がいるキャンパスというのは愉快だし、仕事の途中でノートを発見して、「相棒」が掃除機をかけている傍らで書き込みをしている様子を想像するだけで、ニヤリとなります。「仕事中に、こんなことをしていて、良いのでしょうか」…って、もちろん、良いのです!ありがとうございました。
そして、グリーンのちいさなノートは、この名言とともに漂流を続けています。ぜひ、皆さんも書き込みを。

  • 2006-12-14 23:53:07
  • わたしはここに(11月前半+11月後半)
11月は、学会出張とかオープンリサーチフォーラム(ORF2006)とか、盛りだくさんだったので、載せるのを忘れていました。11月分をまとめてアップします。

※この実験は、Beluga Project のサポートによっておこなわれています。

・2006年11月1日(水)〜30日(木)、わたしはここに。































【ふりかえり】 前回も書きましたが、しばらく続けてきたおかげで、RF-IDタグを首からかける…というのには慣れてきました。ぼくたちの知らないところで、地道にアンテナ(リーダ)の設置がすすめられていて、ついに?生協にも設置されたようです。少しずつではあっても、着実にキャンパス内に拡げていこうという姿勢には敬意を表します。そのためにも、せめてタグは忘れずに出かけようと思います。ところで、11月22日の夕方、サブウェイにいたことになっていますが(図中下のほうの黒く塗られた部分)、この日はORFのため丸の内にいたんです…。
(業務連絡>みなみさん やっぱり、ιとかοの1階って拾ってもらえないみたいです。)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
検索
最近のエントリー
nakanohito