8月前半の歩数です。
→ グラフでみる8月1日〜15日の歩数

【ふりかえり】 ふたたびアメリカに戻ってからは、予想していた以上に規則的な毎日です。平日は、インタビュー調査のために家庭訪問をしていて、移動はすべてクルマです。移動距離からすると、一日平均90マイルくらいは運転していると思いますが、歩数は伸びません。それで、土曜日になると、ちょっとでも挽回しようとディッシュ・エリアを歩く…という感じです。ひと頃にくらべて、歩いていないのですが、不思議なことに歩数計はいつも忘れずに持って出かけています。
この15日間で70,114歩(1日平均およそ4,674歩)。

  • 2006-08-17 11:17:13
  • はじまっていました…。
060817.jpgさて、マウンテン・ビューのGoogle-Wifiについて。きのうのエントリーで、「まだサービスはスタートしていないようです。」と書いたのですが、訂正します。あとから他のブログを読んだりして、どうやらもうはじまっているみたいなので、表に出て試してみたら、つながりました!
たんに、ぼくの部屋には届いていない…ということでした。わずか数十メートルの移動で、ずいぶん環境が変わるものだということを実感しつつ、回線にお金を払っているのが、なんだかもったいなく思えてきました。だって、あのアンテナの目の前の部屋に住んでいるひと、絶対使っていますよ、いまごろ。

  • 2006-08-16 21:46:09
  • 「グーグル村」の街灯
研究所への交通の便がよいこと、そして(比較的)安全だということで、マウンテン・ビューという町にアパートを借りたのですが、じつは、(いまをときめく)グーグルの本社は、この町にあります。最近、同僚に聞いたところ、このあたりは、“Google plat”とさえ呼ばれているようです(=まぁ、「グーグル地所」とか、あるいは「グーグル村」という感じ?)。サンフランシスコ近辺に住む社員が多いようですが、マウンテン・ビューにも、きっとグーグル関係のひとがたくさん暮らしているにちがいありません。
そのグーグルが、いまはじめようとしているのが、無線LANのサービスです。その名も、Google-WiFi。そして、まずは「地元」から、ということらしく、このマウンテン・ビューの町では、自由に無線LANにアクセスできるようにしよう…というのです。ウェブを見ると、マウンテン・ビューの町じゅうに敷設される、アクセスポイントの地図も載っています。もちろん、マウンテン・ビューの住民じゃなくても、このエリアに来れば、(タダで)使えるということです。パロアルトもふくめ、このあたりには、「無線タダ」というカフェやレストランがいくつもあるのですが、町一帯をカバーしてしまおうというのは、スケールが大きい!(もちろん、似た試みはいろいろあるとは思います…)

060816-1.JPG

【2006年8月16日(水):アパートの前の通りはこんな感じ(Del Medio Ave.)】

060817-0.jpg2006年夏からサービス開始…と書いてあったので、「だったら、当然、工事は済んでいるはずだ」と思って、さがしてみました。いつも出入りしているガレージの門のそばに、ありました!ふだんはあまり見上げることはなかったのですが、街灯の上にアンテナです。部屋(屋内)で使うには、WiFiモデムを買わないと、ちょっと苦しいみたいですが、屋外で使えてしまうというのは、いろいろ面白い使いみちが出てきそうな気がします。というより、そもそもが、“アウトドア・ネットワーク”なのですね、これは。何よりも、この気候なので、外でラップトップを開いて…というシチュエーションは容易に想像できます。この記事を書いている時点では、まだサービスはスタートしていないようです。

日ごろ「社会実験」などということばを使いますが、こういうのを見ると、すごいなぁって思います。やはり、「本当に」ある程度の規模でやってみないとダメです。ほぼ一帯をカバーする、とはいっても、街灯がないためにまだアンテナを設置できないエリアがあるようで、屋根とか屋上のスペースの提供も呼びかけています。

  • 2006-08-14 22:09:49
  • フォスター・シティ
週が明けて、きょうはパロアルトから17、18マイルほど北にあるフォスター・シティまで行ってきました。さて、ここのところ、このページは「ぷち観光ガイド」のようになっているので、この町について簡単に紹介することにしましょう。フォスター・シティは、サンフランシスコ湾を埋め立てて、その上につくられた町です。 Introduction to the History of Foster City によると、1958年、ジョン・フォスター氏が、「あたらしい町」をつくろうとこの地をおとずれたのがはじまりです。そう、フォスター氏がつくったので、フォスター・シティなのです(地名の由来としては、もっともわかりやすい!)。ざっとページを読むと、その埋め立ては、かなり大変な作業だったようです。おそらく、フォスター氏のつくったこの町に、じっさいに人が暮らすようになってからは、わずか40年足らずだと思います。

060814-1.JPG 060814-2.JPG

【2006年8月14日(月):フォスターシティにて】

地図を見ればわかりますが、細かい水路のある町です。当然、何もないところにつくったので、道路の幅や形状、そして植栽にいたるまで、「計画」されています。リビングルームが水際に面していて、そこにボートでも浮かべてのんびり遊ぶ…なんていうのは確かに素敵なのですが、あまり住んでみたいと思いませんでした。機能にかぎらず、景観までもが周到に用意され育てられた、美しい町ではあります。でも、あまりにも「人工的」な感じがしたからかもしれません。数年前にハウステンボスに行ったことを思い出しながら、少しだけ散策しました。

[map:37.545462,-122.271051]

  • 2006-08-11 23:43:25
  • ツイン・ピークス
「ツイン・ピークス」と聞いて、あのテレビドラマを思い出すひとは、ぼくと同世代かもしれません(…懐かしいでしょ!)。あのドラマの舞台となったツイン・ピークスは、架空の町(ちなみに、ロケ地はワシントン州)ですが、きょうのツイン・ピークスは、サンフランシスコを一望できる場所です。

ここ数日は、インタビュー調査の訪問先の近くに、どこか「見どころ」はないか、事前に調べることにしています。じつは昨日も、ユニオン・ストリートを歩いてみようと思っていたのですが、ちょっとインタビューが思うように行かず、なんとなく気がすすまなかったので、そのままアパートに帰ってしまいました。
きょうは、ずいぶんと坂を上り下りして、ようやく、「坂の町」サンフランシスコを体感しました。場所によってはかなり急勾配で、本当にクルマで上れるのか、ちょっと心配になったほどです。地図を見ていて、きょうの訪問先の近くにツイン・ピークス(展望台)があることがわかったので、帰りに寄ってみました。さすがにここは観光スポットなので、大型バスやリムジンなどがたくさん停まっていました。

060811-1.JPG 060811-2.JPG

【2006年8月11日(金):ツイン・ピークスにて】

雲(霧?)がかかっていて、あまり視界がよくなかったのですが、眼下に広がるサンフランシスコの町並みは壮観です。海のほうまで見渡せると、もっと開放感を味わえるはずです。ちいさくてカラフルな家がたくさん並んでいるのが見えて、ふと本城直季さんの写真を思い出しました。きょうは、パノラマ用のカメラ(ホライゾン)も持っていったので、うまく撮れていたら、また後日紹介したいと思います。

  • 2006-08-09 20:24:17
  • アップルに行ってみました。
きょうは、朝のうちに調査が終わったので、午後の仕事を早めに切り上げて、クパチーノにあるアップル本社に行ってみました。ここの「カンパニーストア」は、平日しか営業していないとのことだったので、ちょうどいいタイミングです。じつは、研究所からクパチーノまでは10マイルほどで、280号線に乗って南へ向かって走ると、15分くらいで到着しました。一帯には、リンゴのマークがたくさんあって、ちょっと迷いましたが、「1」というビルの前に、ビジター用の駐車場がありました(ちょっと見づらいですが、写真の中央に黄緑色の「1」が写っています)。

060809-0.jpg

【2006年8月9日(水):アップル本社にて 左から、アメリカの旗、カリフォルニア州の旗、アップルの旗】

[map:1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014]

少しばかりあたりをぶらついて、「カンパニーストア」を見学。ここでしか買えないアップル・グッズがあるので(というより、アップルのロゴ入りグッズを扱う公式販売店はここだけなので…)、大量にTシャツを買い込んでいるひともいました。思っていたよりも簡単に行けることがわかったので、うまく予定を調整して、もう一度くらい行ってみるつもりです。


※アップル・ユーザーのかたに限り、おみやげを買って帰る場合もあります(ちょっと書いてみただけです)ので、コメントを残すなりメールを送るなりしてアピールしてください。…結局、いろいろ忙しくて行くヒマなかった、という顛末かもしれませんが。

  • 2006-08-08 22:31:08
  • アートキャスト
アメリカでの生活も、残すところ1か月となりました。予定されているインタビュー調査は、まだ半分も終わっていないので、まだまだこれからという感じなのですが、それでもあと1か月。ちらほらと、新学期の準備のことなどがメールで届いたりして、秋からは、講義はもちろん、学事のいろいろなことが再開されます。平日のカレンダーは、調査でほぼ埋まりつつあるので、遠出をするとしたら、数回の週末しかありません…。「特別研究期間」とはいえ、もっといろいろなところを見ておかなければもったいない!と、ふと思いました。原稿やら、事務的なことやら、やるべきことがいくつかあるものの、にわかに“観光客”モードに。週末といわず平日も、うまく時間をやりくりして、もっとまちを歩こう…。そして、さっそく実行です。

きょうは、サンフランシスコでのインタビューが4時前には終わる予定だったので、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)に行ってみることにしました。訪問した家から、クルマで10分ほどで到着。外観は、ガイドブックや雑誌の記事で見たことがあったので、すぐにわかりました。マリオ・ボッタによるもので、(まぁおなじひとなのであたりまえですが)あのワタリウム美術館(神宮前)と、どことなく雰囲気が似ています。スパッと斜めに斬られた竹のような、円筒状の吹き抜けが建物の中央にあって、上から差し込む光で、ロビーはかなり明るい感じでした。その下に階段があって、それを上り下りしながら、各階の展示スペースを見るというレイアウトです。外から見るよりも、中ははるかに広く感じられます。

060809-1.jpg 060809-2.jpg
060809-3.jpg 060809-4.jpg

【2006年8月8日(火):サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)にて】

最近の日本の美術館でも試みがあるかもしれませんが、やはりここでもポッドキャスト。事前に音声のデータをダウンロードしておいて、iPodなどで聞きながら展示を見ることができるようになっています。正しくは、ポッドキャストではなく、「アートキャスト(artcast)」と呼ばれていて、毎月、あたらしいプログラムが配信されているようです。バックナンバー(アーカイブ)を見るかぎりでは、去年の9月からスタートしています。じつは、ダウンロードはしておいたのですが、肝心のiPodを持って出かけるのを忘れてしまったので、試すことができませんでした。アートキャストだと、美術館で借りるオーディオのレシーバーとは、またちがった感覚で歩けるような気がします。
イントロのトラックには、作家本人の声や、アート・ディレクターのコメントなども入っていて、美術館に行かなくても、けっこう愉しめるはずです。そして、10か所くらいの「見どころ」で立ち止まって、解説を聞きながら作品を見ることができるという構成です。もちろん、フロアマップもpdfで事前にダウンロードできます。うむ、なかなかかっこいい!

入館したのが4時過ぎだったので、あまりゆっくりできませんでしたが、展示されていた作品よりも、(アートキャストもふくめて)展示のしかたとか、建物のほうに、ついつい目が行ってしまいました。さっそく、平日を有意義に過ごすことができて、満足。ミュージーアム・ショップでポストカードを数枚買って、帰路につきました。

  • 2006-08-05 22:57:56
  • ディッシュ・エリアを歩く
日本から戻った翌日から、3日連続でインタビューに出かけて、さすがにバテました。90分のインタビューなので、まぁ標準的なのですが、それ以前の問題として、訪問先の家をさがすだけで一苦労です。まだまだ慣れない土地で、(やさしく?)話しかけてくれるカーナビもないので、住所を頼りに地図を見ながら出かけます。それで、英語でインタビューということなので、またそれなりに神経を使います。

ひとまず先週の分は無事に終わったので、今朝はゆっくり起きました。メールを書いたり、買い物に行ったり、身の回りのことをして、夕方になってから、身体を動かしに出かけました。といっても、べつに激しい運動というわけではなく、“ウォーキング”です。
「ディッシュ・エリア」よばれる丘が、Stanford Ave. と Junipero Serra Blvd が交差するあたりから、西に広がっています。そう、写真にあるように、この丘にはパラボラ・アンテナ(=ディッシュ)がいくつか立っているのです(建っているのです、なのかな?)。当然のことながら、日本のアパートのベランダについているような“お皿”ではなく、巨大です。ぱっとみると、観覧車のようです。

060805-1.JPG 060805-2.JPG

【2006年8月5日(土):Dish Areaで】

ここは、散策コースになっていて、だいたい1時間ほどかけて一周できるようになっています。見かけよりも急勾配で、最初がけっこうキツイのですが、あとはまぁのんびりと歩けるコースです。iPod(miniとかnano)を腕につけて、走っているひともけっこういます。丘の上に立つと、シリコンバレーの会社やスタンフォード大学のキャンパス、そしてその向こうには、(いつもかすんでいますが)サンフランシスコ湾が見えます。ここを一周すると、ほぼ9,000歩。いい運動になります。
見てのとおり、地面は枯れ草です。この時期は雨が全然降らないために、芝生は茶色くなっていて、木だけは緑色です。聞いたところでは、秋から冬にかけて雨が降る季節になると、緑色になるようです。この丘が、一面緑色になったら、ずいぶん雰囲気が変わるでしょう。パロアルト研究所に向かう道も、両側が枯れ草色です。通りの名前は、Coyote Hill Rd.(コヨーテの丘!)。最初は、本当にコヨーテでも出てくるのではないかと思いました。

[map:37.408568,-122.179105]

※「地図」だとほとんど何も見えないので、「航空写真」のボタンを押してみてください。中央にあるのが、写真(右)の“ディッシュ”です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
検索
最近のエントリー
nakanohito