• 2005-05-21 13:53:47
  • 期間限定復活
いろいろと書きたいことがあるのですが、まずは、ピンクレディーについて。もう1か月ほど前のこと(ゴールデンウィークよりは前だったはずです)、テレビでピンクレディーのドキュメントをやっていました。

ぼく自身は、どちらかというとピンクレディー世代ではなくキャンディーズ世代なのですが(イマドキの大学生だと、どっちが2人でどっちが3人かさえわからなかったりするので、このちがいは難しいかもしれませんね)、期間限定とはいえピンクレディーが復活して、全国を回りながらコンサートを開いている…というドキュメントです。たまたまテレビをつけたらやっていたのですが、ついつい惹きこまれて最後まで観てしまいました。
ぼくが中3のときに「ウォンテッド」の振り付けをおぼえて踊ったことがあるかどうかはともかく、あと数年で50歳になろうというふたりが、当時のように歌って踊ってという姿は、素朴に感動的でした。リハーサルで筋肉痛や酸欠に苦しんだりしつつも、本番の幕が開くと、やはりそこにはあのころのピンクレディーがいて、エネルギー溢れる歌と踊りを披露していました。

コンサート会場に来ている、小・中学生時代をピンクレディーとともに過ごしたと思われる(そのように見える)観客たちが、ステージと一体となって踊っている様子は、見る人が見ればちょっとアヤシイかもしれませんが、ぼくにとってはむしろ爽やかな感じさえしました。あのころ毎日のように聴いていた曲の記憶というのは、思っていた以上に身体のなかに染み込んでいて、それがイントロとともによみがえって、直接身体に語りかけてきます。このエネルギーはスゴイ。そして、ちょっと切ないのです。コンサート会場から出てきたひとへのインタビューで、何人かのひとが「勇気をもらった」「元気になった」などとコメントしていましたが、決して大げさな話ではなく、たしかに「何か」を呼び覚ます感じでした。

そして、せっかくなので?、キャンディーズとピンクレディーの曲(いわゆるA面ばかりです)をほぼ全部聴いてみたのですが、微妙な時代のズレを感じました。キャンディーズは、デビューから「微笑返し」とか「つばさ」にいたるまで、大体フォローできました。徐々に解散へと向かっていった感じがします。豊かさに慣れてきた、ちょっとした余裕のようなものが、空気だったのかもしれません。いっぽうのピンクレディーは、ものすごい疾走感です(疾走感だけ…とも言えるほど)。「モンスター」くらいまでが限界で、「カメレオン・アーミー」あたりになると、もはやあまり記憶にないというか、よくわからない…。あまりにも速いスピードで駆け抜けて、はじけてしまう感じです。バブル全盛の時代へと向かう加速感と、その崩壊をも予言していたかのような流れです。
あの加速感、そして失速感があるからこそ、30年たっても色褪せない「何か」が感じられ、でもそれは同時に「何か」を失った気持ちにもさせるのです。

  • 2005-05-11 13:07:11
  • The Japan Financial News
こっちにも載せておきます。

・ニッキン 2005/4/29 亀有信金 「柴又」の活性化支援 慶大などと産学官で観光振興:携帯カメラで“実生活”撮影
[ 042905.pdf]

※今回、写っているのは、なぽとドラです。知っていましたか?ニッキンは、The Japan Financial Newsだということを。…そもそもニッキンを知っていましたか?

学期がはじまってドタバタしているあいだに(ハンガリーにも行ってきました)、1か月近く経ちました。前回訪れたのは4月8日でしたが、昨日は、こんなふうになっていました。あぁ、ついに壊されてしまった。

re04.jpg

壁の向こう側の様子を知ってか知らずか、並木はキレイな緑色になっていました。5月ですね。

  • 2005-05-03 08:07:07
  • ブダで目覚め、ペストで居眠り。
ブダペストに行ってきました。ハンガリー科学アカデミーで開催されたSeeing, Understanding, Learning in the Mobile Ageで発表しました。ペーパーは以下のとおり:

・Kato, F. (2005) Seeing the "seeing" of others: Conducting a field study with mobile phones/mobile cameras. Communications in the 21st Century: The Mobile Information Society, Budapest, Hungary, April 28-30, 2005.
[ mob_soc_05.pdf]

時差に苦しみ、じぶんの発表が終わるまではなんとなく落ち着かず、あっという間の旅行でした。

buda02.jpg

それでも、「王宮の丘」からドナウ川を眺め、「聖イシュトヴァーン大聖堂」を見上げたり、「中央市場」をぶらぶらしたり…。天気が良かったので、たくさん歩きました。とても静かで、落ち着いたまち並みでした。「リスト広場」あたりの古いカフェに行ったり、温泉に入ったりする時間がなかったのが残念ですが、川魚(ドナウ川の?)も「リバマーイ」(フォアグラ)も食べて、名物の「グヤーシュ」という牛肉入りのパプリカスープを飲みました。美味しかった!
※「グヤーシュ」と聞いて「まことちゃん」を思い出したひとは連絡してください。

  • 2005-04-23 08:29:16
  • パノラマ
撮影したのは数週間前のことです。暖かい日で、待ち合わせまで少し時間があったので、ぶらぶらと歩いてみました。ちょっとばかり、じぶんの歩くスピードを誤って理解していたようで、気づいたときには遠くに来すぎていました。早足で戻ったのですが、けっきょくミーティングに(少しだけ)遅れてしまいました。

ho051.jpg ho052.jpg ho053.jpg
ho054.jpg ho055.jpg ho056.jpg
ho057.jpg ho058.jpg ho059.jpg
ho060.jpg ho061.jpg ho062.jpg

さて、HORIZONというカメラ、このあいだシマ●ンからの情報で、なんとHORIZON S3 PROという機種があることを知りました。S3 PROは深海魚のような個性的なデザインです。ぼくが使っているのは202というやつですが、なぜか、何枚かの写真は、横に線が入ってしまいました(光が漏れているのか…)。来週は、この202を中欧に連れて行きます。

  • 2005-04-22 23:26:55
  • こっちにも
こっちにも載せておきます。
先日の「ぷちインターンシップ」の様子が載りました。「プチ」ではなく「ぷち」がよかったんだけど、電話で取材に答えていて、さすがに「ひらがなで…」なんて言うの思いつきませんでした。

・朝日新聞(朝刊・東東京版)2005/4/22 柴又の温かさ 店で働き実感 慶大生、プチ職業体験
[ 042205-1.pdf]

そして、こんどはのれんの隙間から、ちょうさん。かすかに見えるのはしゅん(※注:胴体部分)なのか…?で、後姿で写っているのは、てつ…?

・日本経済新聞(朝刊)2005/4/22 柴又の店PR、慶大生協力 カメラ付き携帯の写真を絵はがきに
[ 042205-2.pdf]

  • 2005-04-13 08:59:10
  • プレス
4月12日の「日経金融新聞」1面で、葛飾柴又でのプロジェクトが紹介されました。
日経は講読していますが、さすがに日経金融は読む機会がほとんどありません。おもしろいもので、記事の掲載については、某証券会社に勤める知人からのメールで知りました。あたりまえですが、読むひとは読んでいるんですね。

・日経金融新聞(朝刊)2005/4/12 大学 市場に挑む(中)「技術と人脈、資金呼ぶ」
[ 041205.pdf]

  • 2005-04-08 23:12:05
  • 定点観測
桜が満開です。ここ数日で急に花が開きましたね。きょうは、早稲田まで行く用事があったので(その件については近日中に書きます)、帰りにまた寄ってみました。わずか2週間のあいだに、ずいぶん様子が変わってしまいました。壁はさらに高くなっていて、ついに看板は取り外されていました。

re01.JPG  re02.JPG  re03.jpg

【左:3月21日/中:3月27日/右:4月8日】

上のほうから現場を見てみたいと思って、向かい側の本屋の脇にある階段を上ってみました。初めてだったのですが、3階まで上がることができるようになっていました。そこはちょっとした憩いの場でした。陽がまっすぐに降り注ぎ、わりと最近整えられた感じのウッドデッキになっていて、ベンチでは、仕事の合間で休憩中のひとが何人かいました。意外なところに、気持ちのいい、ノンビリできる空間があって、ちょっとびっくりしました。

高いところからは、解体の様子がよく見えました。壁の内側では、クレーン車が何台か忙しく動いていて、廃材の山を築いています。どうやら「ルーブル」はもう解体されてしまったようです。壁の向こうで何が起きているかを見ることなく(というより、見えないわけですが)、ひとは通り過ぎます。季節も容赦なく通り過ぎます…。これからまた忙しくなりますが、今後も、なるべくここで立ち止まってみようと思います。なぜだかわからないのですが、それが大切なことのように感じられるのです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
検索
最近のエントリー
nakanohito