• 2004-09-17 10:17:19
  • 窓を開けて。
ミュンヘンで泊まったホテルで考えたこと。ドイツは“エコ大国”などと言われますが、たしかにそうだな…と思いました(実際には、そう思って見るから、すべてがそのように整理されていくということなのかもしれませんが)。バスは、アイドリングしない(そのおかげでクーラーが止まって車内が暑くなるけど、そんなことに文句は言わない)。バスタオルは、数日泊まるんだったら、毎日取り替えない(最近では日本のホテルでも書いてありますね)。まちを流しているタクシーがいないのは、ガソリンの節約につながっているはずです(でも、タクシー乗り場に行ってもタクシーがいなかったぁ…)。そして、駅などには、分別用につくられた立派なゴミ箱がありました。こういうことを、みんながきちんと、マジメに(マジメすぎるほどに)受け入れている感じがしました。

04-09-08_05-47~00.jpg 04-09-11_14-09.jpg

さて、話は変わって…。滞在2日目の朝、カラになったペットボトルをホテルの机の上に置いて出かけました(ぼくとしてはゴミだから処分してください…というつもり)。その晩、部屋に戻るとペットボトルはそのまま置かれていました。ふむ、なるほど。そして翌朝、ちょっとした実験ゴゴロで、1本のペットボトル(中身はカラ)を机の上に、そして前日のもう一本をゴミ箱に入れて外出。戻ると、机の上のペットボトルはそのままで、ゴミ箱はきれいに片づいていました。あたりまえというか、予想どおりの展開です。これは、“エコ”というよりは、宿泊客の持ち物をどう扱うか…という問題です。ゴミのように見えても、もしかすると、そうじゃないかもしれない。勝手に判断して机の上のカラのペットボトルを捨てて、問題にでもなると困ったことになります。(いろいろ考えずに)とにかく毎朝ゴミ箱をカラにしておけば良いのです。いらないんだったら、ゴミ箱に入れてね…ということです。

そこで、あらためて考えてしまいました。ゴミはいったいいつからゴミになるのか…と。ティーポットに入っているお茶の葉は、たとえ出涸らしでも、ゴミではなくお茶っ葉です。ところが、なんということでしょう(「大改造!! 劇的ビフォーアフター」ふうに)。それがティーポットから出されたとたんに、“生ゴミ”になるのです。〈居場所〉が変わるだけで…。腐ったり変色したり、そういうモノの場合はともかく、いつ・どこで見るかによって、ゴミになったり、そうじゃなかったり。

まぁそんなことを考えつつ、暑いけど部屋にエアコンがついてないので窓を開け、酔って騒いでいるひとびとの声を遠くに聞きながら…。中央駅のそばのホテルの部屋。

  • 2004-09-15 15:48:18
  • ドイツに行って来ました。
9月5日から1週間ほど、学会発表のためドイツ(ミュンヘン)に行って来ました。ミュンヘンのまち並みは、思っていた以上に重厚でした。ちょうど、夏から秋へと変わるタイミングだったようで、滞在している間に、ミュンヘンのひとびとの装いは半袖から長袖になりました。
学会で海外に行くと、けっこうスケジュールがタイトで(まぁ学会のために出かけているわけですから、それなりにいろいろな発表を聞いたりするのです)、観光やショッピングに出かけるヒマがないことが多いのです。いつも、なんとなく宿泊先のホテルと学会の会場(大学)を往復しているだけで、旅程が終わって残念に思います。今回は、ノイシュバイシュタイン城を、どうしても見ておきたかったので、じぶんの発表が終わった翌日、ちょっと足を伸ばしました。(発表聞くの、サボってごめんなさい)

shiro.jpg 3.JPG

【左:吊り橋の上から見たノイシュバインシュタイン城 / 右:すぐ向かい側にあるホーエンシュバンガウ城】

ミュンヘンの市街地から1時間ほどで、到着しました。アルプスの山々も近くに見えて、なかなか壮観でした。

そのほかいろいろ…ドイツでの雑感はべつのエントリーで。

あぁ、もう9月ですよ。きょうが、来学期シラバス作成のしめきりなので、授業関連の情報を更新しました。本当は、もう数週間しめきりまでに時間があるとうれしい…8・9月でいろいろと授業のアイデアが浮かんだり、勉強したりするので、この時点だと、どうしても中途半端なまま公開してしまうことになります。
行動と社会関係[月3:汎用-複合系]
・メディアリテラシーC[水2]← いちおう大学のシステムのほうは入力済
情報環境論[木1:クラスター-複合系(学部)/研究領域-複合系(大学院)]


  • 2004-08-27 23:56:11
  • ¥195,510(税込み)
8月26日、友人をたずねて葛飾柴又へ(遊びじゃなくて、いちおう、仕事ですよ)。前に一度行ったことがあったのですが、ものすごく久しぶりでした。帝釈天に行って、参道にある老舗でうなぎを食べて、矢切の渡し、「寅さん記念館」を見てから、「山本亭」へ。お決まり?のコースかもしれませんが、面白かったです。ひと頃にくらべると、ちょっと暑さがマシになりましたが、江戸川沿いを歩いて汗をかきました。江戸川はとてもおだやかで、水はゆっくりと流れていました。

blog-photo-1093506094.33-0.jpg

【山本亭・主庭:写真では見づらいのですが、滝を落としています。】

「山本亭」に行ったのははじめてでしたが、なかなか良かったです。和風と洋風が微妙にミックスされていて、意匠のことなどそれほどくわしく語ることはできないのですが、趣のある建物で、丁寧に保存されていました。昭和63年まで、実際に住居として使われていた…というのもスゴイ。とくに庭は本当に手入れがゆきとどいていて、綺麗でした。パンフレットを見たら、ここは貸室として利用できるようです。句会とか茶会に使われるのでしょうか。秋の庭でもながめながらミーティング(何の?)を開くというものイイですね。し、しぶいぞ。

「山本亭」の庭を眺めていると、いきなり不思議な(そして素敵な)空間にワープした感覚なのですが、外に出て、ふたたび帝釈天に向かって歩くと、やはり寅さんのまちです。実際に寅さんの格好をしたオジサンが歩いてきました。あとで友人に聞いたところ、いつも、いるそうです(正体は謎ですが、地元ですからね)。
調べてみたら『男はつらいよ』(第1作)の封切りは昭和44年8月27日、な、なんと偶然にも、ちょうど35年前のきょう!ですね。それから、第48作まで…。もはやいまの大学生は寅さんシリーズなど、観たことがないのでしょうね。まことに衝動的に、ではありますが『男は…』を観たくなって、第1作と第2作のDVDを注文してしまいました。ちなみに、『男はつらいよ DVDパーフェクトボックス』(全作と、写真集、“寅さん腹巻き”が同梱されているらしい…)は、¥195,510円(税込み)です。だれか、買ったひとはいますか?

  • 2004-08-24 06:53:45
  • 15年前の、さらに5年前。
『未来を創る大学』(慶應義塾大学出版会)が出版されました。[2004年8月20日発行:ISBN4-7664-1097-1]
このキャンパスは今年の春で開設15年。でも、当然のことながら、その前から設立準備がすすんでいたのです。同書によると、「新学部検討委員会」が発足したのは1986年。ちょうどぼくが三田で大学院に通っていた頃です。

いまでも思い出すことがあります。タバコのおつかいだったのか、書類のコピーを頼まれたのか、くわしいことは覚えていないのですが、ある日、研究室棟(“新研”)の1階にある会議室に入ったことがあります。当時は、会議室の並びに学部長室が並んでいて(いまもそうだと思います)、なんとなく近寄りがたいようなエリアだったのですが。会議室には、数名の先生がいて、なかには(ぼくの師匠をふくめ)知っている先生も何名かいました。いま思うと、それが「新学部検討委員会」のメンバーによる、インフォーマルな集まりだったようです。「これはと思う、保守的でない人々」(同書 p. 9)ばかりが、会議室にいたわけです。

何が話題だったのか、何のために集まっているのか、その時はよくわからなかったのですが、とにかく、先生がたが楽しそうだったことを記憶しています。楽しそう、などと言うと不遜な気もしますが、とにかくその印象が強かったのです。所属(学部)がちがうことは見てすぐわかったし、会議室でありながら、のびやかな空気がありました。あの楽しそうな会議で生まれたアイデアが、磨かれ、その後の長い道のりを経て、実際にカタチになったのです。15年前の、さらに5年前から「いま」を見ていたのです。キャンパスの歴史をふりかえって、“昔はよかった”という感傷にひたっているヒマはないのですが、あの楽しそうな空気は忘れないようにしたいと思います。知が立ち上がり、実体をともなうカタチで目の前に現れてゆくプロセスは、楽しいはずなのです。

  • 2004-08-11 23:53:14
  • 春学期をふりカエル(1):フィールドワーク法
「フィールドワーク法」は、今学期から開講しました。これまでの「社会調査法B」の内容とほぼおなじですが、カリキュラム上は「ナレッジスキル科目」という位置づけになりました。また、過去3年間は1時限目に開講していたのを2時限目にしたせいか、履修希望者が急増し、選考をおこないました。フィールドワークの演習をともなうため、人数制限はやむをえない状況で、今学期は履修者数65名でスタートしました。
内容・構成は、ここ数年でだいぶ整理されてきました。カメラ付きケータイをつかった調査については、2002年から実験的にすすめてきたのですが、やはり(カメラ付きケータイの)所有率は年々上がって来ています。今期については、大部分持っていたように思います。

授業へのコメントをふまえて、今学期のポイントと来年度以降の課題についてまとめておきます。
(1)授業内でのグループワーク:一度、授業時間中にその場でグループをつくって、データの分類について簡単なワークショップをおこないました。今回が初の試みでしたが、これが面白かったという意見が(意外に)多かったので、似たようなタイプのワークショップは続けてみてもいいかもしれません。また、授業時間中に、たとえばキャンパス内で簡単な演習をしてもいいのでは…といった提案もありました。これについては実現可能だと思うので考えてみます。
(2)“ミニ課題”:学期を通じて、“ミニ課題”を出しましたが、これについても肯定的なコメントが多かったようです。もう少し講評を充実させたり、また、ぼく自身も写真を撮って紹介したり、運営や評価のスタイルはさらに工夫できそうです。
(3)報告のフォーマット:履修人数が多いため、中間のプレゼンテーションではじゅうぶんな時間を取ることができませんでした。また、最終報告のフォーマットについては、昨年度の「社会調査法B」に引き続き、パネルによる“展示”のスタイルにしました。事前に配布していたシラバスではプレゼンテーションと記載していたので、その点については早めにフォーマットを決めて明示しておいた方がよかったと思います。ただ、パネルによる“展示”のスタイルは、一連のプロセスをコンパクトに凝縮してまとめるトレーニングになるとともに、他の履修者のフィールドワークの過程をわかりやすくするための方法として考えています。

最後に、授業内容について〈具体性がない・何が重要なのかわからない〉というコメントがありました。抽象的な概念を、フィールド(現場)でどのように具体的に(身体的に)理解するか…がまさにこの授業のポイントなのです。それは容易ではないのですが、フィールドワークに関わる抽象的な概念については、できるかぎり具体的に理解してもらえるように、映像の素材や事例の紹介をするようにしているつもりです(…シラバスには「授業態度」も評価対象になると明記されていますから、出席するのは大前提です)。また、“ミニ課題”も、授業の内容と対応づけながらすすめるといいでしょう。
「フィールドワーク法」という授業ではあるものの、もう少し広い意味で調査(社会調査)のためのものの見方・考え方について触れているつもりです。本格的な調査・研究の際には、より具体的なフィールドワークの計画が必要になりますが、一連のふるまいについては、適用可能なはずです。

  • 2004-08-04 06:39:00
  • 理想のスタイル(5):ラウンジの将来
8月になりました。暑い日が続いています。さて、7月27日(火)で「学生ラウンジ」が閉店となりましたが、あたらしいラウンジをどうデザインするか…考えてみましょう。このサイトで「理想のスタイル」というカテゴリーで書いている内容の“つづき”です。

こんなのはどうでしょう…。あくまでも叩き台(※)です。具体的であればあるほど、ツッコミやすいので、そのためのアイデアです。叩かれることが前提ですが、愛にあふれる批判・検討をお願いします。

基本的な考えかた
cup.gif ラウンジは、みんなの〈場〉です。
ラウンジは、出会いの〈場〉です。まず、「学生ラウンジ」の「学生」を取って、何かべつの名前をつけましょう(とりあえずは、ラウンジと呼んでおきます)。学生のみならず、教職員、場合によっては中高生(外部?)も利用する〈場〉として考えなおします。朝のコーヒーを飲みたいのは学生だけではありません。食環境だけではなく、広い意味での生活環境をより良くしたい…というのは、キャンパスに集うすべてのひとの問題です。“カフェ”が、ひととひととを結びつけ、創造的な活動につながること。これはいろいろな都市研究では指摘されてきたことですが、たんに癒されるだけではなく、刺激を受ける/与える〈場〉として位置づけます。そのためには、「おしゃれ」な空間にする必要があります。大学という〈場〉におけるラウンジなので、あくまでも知的な活動を支える空間として考えます。つまりそれは、時間・空間の使いかたをつうじて、ひとつのライフスタイルの提案が可能になるような〈場〉です。“たまり場”としての利用はもちろんかまわないのですが、ラウンジに眠気や疲れを沈殿させる(≠おしゃれ)のではなく、むしろそれらを吹き飛ばす(=おしゃれ)ようなラウンジになるといいでしょう。

cup.gif ラウンジはキャンパスの“ヘソ”です。
あらためて考えてみると、ラウンジのロケーションはすばらしいのです。眺めはいいし、1Fは三方がガラスだし、なかなか良いと思います。さらに、キャンパスの“ヘソ”としてのシンボリックな場所として理解することもできます。デザイン棟や大学院棟のほうからも、ほどよい距離です。おしゃれな空気を味わうために、勉強や仕事の手を休めて、ちょっとラウンジまで散歩する…ラウンジで栄養も気分も補給して、またじぶんの居場所に戻る。そういうライフスタイルです。ラウンジで知り合いに会ったら、一緒に食事をすればいいし、コーヒーをおごったり/おごられたりしてもいいでしょう。もはや「学生ラウンジ」ではないのですから、もっと教職員がビジビリティを高めなければダメです。研究室で、コンビニのおにぎりを食べながらメールをチェックするのもいいのですが、たまにはオープンカフェで学生と一緒にお昼を食べるのも悪くないですよ、きっと。

cup.gif ラウンジはオープンな空間です。
さらに、ラウンジを“レンタル・スペース”のようにして使うというのはどうでしょうか。「食環境」についての要望はいろいろあると思うのですが、うまく「時間割」を組んで、希望する研究プロジェクト、サークル、学生団体などに開放します。たとえば、研究プロジェクト最終報告・卒業制作などの発表会、写真・絵などの展示スペース(ギャラリー)、ダンス・演劇・歌・音楽などのためのステージ、その他、“レンタル・スペース”として活用します。ときどき、ラウンジから音楽が聞こえてくることがありますが、きちんとラウンジのイベントカレンダーをつくって、つねに何かが起きている〈場〉になればいいと思います。

何をするか
以下は、某ラウンジプロジェクトのミーティングで出たアイデアをふまえつつ、(ぼくの趣味と思い入れをくわえて)まとめたTo Doリストです。なお、実現可能性については、まだこれからです。とりあえずは、あたらしいラウンジのイメージをつくります。

cup.gif キレイにする。
清潔感のある場所にしましょう。ぼくはあまり利用することがないので、実際に見てみなければわからないのですが、どうもキタナイようです。汚れたカーペットはやめて、フローリングとかテラコッタのタイルのようなものに貼りかえて、デッキブラシでゴシゴシ掃除できるような床にします。そして、机とイスもガタガタするようなので新調します。ラウンジということを考えるとソファなどもほしいところですが、イベントスペース的な利用を考えると、移動が楽なものにしておいたほうがいいでしょう。

cup.gif もっと屋上をつかう。
キャンパスの“ヘソ”として、ラウンジの屋上は眺めのいい場所です。いまは暑すぎてラウンジに行く途中で熱中症になる可能性がありますが、春・秋などは、あそこで集うのは気持ちがいいはずです。そのためには、屋上にもカフェ用の机とイス、そしてパラソル(ガーデンパラソル)を置きます。ひとがたくさん集まるようなら、オープンカフェに置いてあるような屋外ストーブ(パラソルストーブと呼ぶらしい)も置いて、寒い冬でもカモ池を眺めながらカフェオレを飲みましょう。
さて、問題は階段です。屋上に行く階段がひとつだけなので、不便です。たとえば1階でサンドイッチとコーヒーを買って、“上で”食べよう…ということになったとき、外に出て、ぐるっと回って階段まで行く必要があります。大がかりな工事になったり、美観を損ねたりという問題はありますが、あらたな階段の設置について検討する価値はあります。

cup.gif 食環境を改善する。
「食環境改善プロジェクト」がすでに動いているので、同プロジェクトの実施した調査結果をふまえつつ、ラウンジの設備の現状に合った方法を考えることになるでしょう。飲食については、複数の業者による日替わりの“出前”方式がいいと思います。ある程度のクオリティのものが欲しい気がしますが、ポイントはラウンジという〈場〉の機能です。キャンパスの“ヘソ”として、磁力のあるスペースにすることが大切です。
ただ、いくつかの業者にはコンタクトを取って、実現可能性を確認するべきでしょう。あえて固有名詞は出しませんが、コーヒー、サンドイッチ、ピザ、ベーグル、ドーナッツ、スープ、おにぎり、などラウンジで大がかりな調理が必要ないタイプの食べ物・飲み物を扱う業者に入ってもらうといいですね。最近はコメダまでモーニングを食べに行く学生がいるようですが、やはり朝は大事なので、朝8時に開けましょう。あとは昼間です。夕方〜夜は、朝・昼にくらべると利用者数が読みにくいかもしれないので、イベントスペースとしての色彩を強めてもいいかもしれません。

cup.gif ギャラリーとしての設備を整える。
ギャラリーのような多目的スペースとして使うのであれば、簡易ステージをつくったり、照明を変えたり、額やパネルを掛けたりできるように工事をしておくといいかもしれません。


(つづく)

まだ書くべきことがたくさんあるのですが、とりあえずこの状態で…。

※【叩き台】(たたきだい):これから批判・検討を加えて良い案としていくための、最初に出される案。

  • 2004-07-31 07:03:58
  • 探し物(約20年前)
昨日、共同研究室の大掃除がおこなわれました。床などは、もともとかなり汚れていたのですが(あの建物もすでに築15年?ということですから)、みんなのおかげでとてもキレイに。イスとかホワイトボードもピカピカになりました。あとは、棚のものをきちんと整理して、捨てるべきモノを捨てて…。もっとマメに掃除をして、スッキリした状態を維持したいものです。

garbage.gif

さて、いろいろと忘れているばかりではないのです。じつは、急に思い出す…ということもあるのです。しばらく前から気になっていたのですが、ついに、名前がわかりました。“モアモアパンチ”です。
かつて某アイスクリームショップにあったんです。グレープジュースのような色で、ジューサー(撹拌しながら冷やすやつ)に入っていました。いつの頃から見かけなくなったのか(いつの頃から店に行かなくなったのか)わからないのですが、ここ数年は見たことがありません。いまアルバイトをしているというMの証言でも、“モアモア”はもうないみたいです。
さて、じぶんの舌の記憶を元に再現するとなると、たぶんサイダーとかラムネをベースにつくることになるでしょう。今さらながら、あの色と味は関係ないような気がします。舌が少し紫色になります。栄養価はないはずです。大部分の友人は、あれはマズイ・嫌いだ、と言っていましたが、ぼくは大好きでした。おかわりもしました。夏の暑い日には、いくらでも飲めるような気がしました(大げさ)。だれか、“モアモア”のつくりかたを知っているひとはいないでしょうか?あるいは、じつはまだ売っている店があるとか?

大掃除をしていて、“モアモア”の原液が見つかったら(ありえないか)、すぐに連絡してください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
検索
最近のエントリー
nakanohito