• 10:24  「地表はいろいろだ」ということは、つまり、「人生はいろいろだ」ということですよね?(小泉発言ではなく、島倉千代子ふうに。) 人にかぎらないので、「生きものはいろいろだ」か。

  • 10:39  「ワークショップ論」もおもしろいけど、「ワークショップ」がおもしろいのです。つまり、「コミュニケーション論」も大切だけど、「コミュニケーション」が大切ということ。(「キャンプ論」じゃなくて、「キャンプ」。)

  • 13:24  翼を授けていただきます。

  • 13:29  感じることです。まだのひとは、『燃えよドラゴン』を観てください。そう、あの有名なシーン。"Don't think. Feeeeel!"(ブルース・リーふうに)なのですよ。

  • 14:35  いまのところ、9/15(60%)です。

  • 18:50  このあいだ部屋を掃除していたら、なんと、@kenj0126さんと@kahorukoさんの原稿が載った、小冊子(カラー印刷の)が出てきましたよ。十数年前??

  • 21:08  明日の午後は、渋谷「キャンプ」です。きっと寒いので、短期集中で、やっつけましょう。(16:30ごろには暗くなるだろうし…。)

  • 21:26  #fklablog Don't think. Feeeel! http://bit.ly/7T9kOo


Powered by twtr2src.



『燃えよドラゴン』の、有名な?シーンです。
"anger"ではなく、"emotional content"が必要なのです。

  • 2009-12-24 08:35:49
  • 12月23日のつぶやき

  • 11:41  本人に会って(鍋でも囲みながら)、しゃべるところ、笑うところ、などなどを目の当たりにすること。その場に「居る」ことは、やはり大事ですね。

  • 11:46  【業務連絡】きょうは、大掃除に行くことができません。大まかなことは@tokyoicchiに伝えてあります。「これ捨てようか?」と迷ったときは、安易に捨てないように。資料(記録)としての価値を感じる人にとって、ゴミは宝。

  • 12:34  #fklablog ISCAR Asia2010 http://bit.ly/90887b


Powered by twtr2src.

まもなく2010年。三が日は、なるべくゆっくりして、4日から始動しましょう。「セッション4」に、コメンテーターとして参加することになりました。転送、転載、自由とのことなので。

下記の要領でISCAR Asia2010(第2回大会)を開催しますので、ふるってご参加ください。このお知らせは転送、転載、自由です。

ISCAR Asia代表:茂呂雄二(筑波大学)
事務局:朴東燮(釜山大学校)

(ISCARは、International Society for Cultural and Activity Researchの略称です。ISCAR本体の大会は、2011年9月にローマで予定されています。http://www.iscar.org/)

大会テーマ:リゾーム的社会における新しい生と学習のネットワークの可視化とデザイン
日時:2010年1月4日(月)
場所:筑波大学学校教育局(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅徒歩3分)http://www.tsukuba.ac.jp/access/otsuka_access.html
参加費:2,000円(当日会場で申し受けます)
申込:茂呂までメイルでお願いします。会場狭小のため150人で打ち切りとさせていただきます。
   ymoro [at] human.tsukuba.ac.jp
問い合せ:茂呂

テーマについて
ヴィゴツキー、バフチン、ベンヤミンが1920年代に遭遇したのは、映画、演劇、小説等の新しいメディア(あるいは従来メディアの転形)の出現が、人々の生活の形式を劇的に変えるという危機的な事態だった。私たちも、いま、そのような、いやそれ以上の変化を、新しいメディア使用に遭遇しつつ経験している。今日の新しいメディアが生み出した複雑きわまりない生活と社会のあり方を、リゾーム社会と呼ぼう。リゾーム社会を生きぬくためには、リゾーム社会の源泉である新しいメディアを自分の道具にしながら、かつてなかったような新しい他者の出会い方とつながり方が必要となる。その出会いとつながりは、様々なローカルな場所で、共同的な新しい学習を生み出しつつある。今回のISCARは、この新しい生と学習のスタイルをいかに分節化し可視化すればよいのか、を提案しあう。そして、さらに踏み込んで、人々の行なう日常的なデザイン実践に加担して、このリゾーム化の事態をいかに先鋭化できるのかを議論する。

プログラム(暫定版です、今後変更もあり得ます。)
午前1 9:00から10:30
・セッション1 教師の学びと子どもの学び
    企画発表 宮崎清孝(早稲田大学)
    発表   石黒広昭(立教大学)
         有元典文(横浜国立大学)
         高屋景一(國學院大學)

・セッション2 ・医療現場における新しい学習・発達・ネットワーク
    企画発表 山口悦子(大阪市立大学病院)
    発表   原田悦子(法政大学)
    コメント 交渉中

午前2 10:45から12:15           
・セッション3 新しいつながりとしてのサブカルチャー
    企画発表 岡部大介(東京都市大)
         石田喜美(財団法人東京都歴史文化財団)
         土橋臣吾(法政大学)
    コメント:柳町智治(北海道大学)

・セッション4 インターローカリティー:地域社会をつなぐ
    企画発表 矢守克也(京都大学)
         中村雅子(東京都市大)
         杉浦裕樹(横浜コミュニティデザイン・ラボ)
    コメント:加藤文俊(慶應義塾大学)

・ラウンドテーブル 韓国社会と日本社会のリゾーム化:今後の共同研究へむけて
    参加者 朴東燮(釜山大学校)茂呂雄二(筑波大)ほか(交渉中)
      ジェームズ・ワーチ(ワシントン大)

昼食休憩

午後1  13:15から14:45
 講演 James V. Wertsch (Marshall S. Snow Professor in Arts and Sciences. Director, McDonnell International Scholars Academy. Washington University in St. Louis)
    Vygotskian concept on mediation in New Social Media Era

午後2 15:00から17:30
シンポジウム 流動的なメディア社会のバウンダリークロッシング 
  司会     伊藤 崇(北海道大学) 
  企画話題提供 上野直樹(東京都市大) 
  話題提供   香川秀太(筑波大)
         茂呂雄二(筑波大)
         杉万俊夫(京都大学)
  コメント   ジェームズ・ワーチ(ワシントン大)

  • 2009-12-23 08:09:37
  • 12月22日のつぶやき
昨日の「メイン」は、“グラウンディスト”忘年会に混ぜていただいたことです。やっぱり、あの本を持参して、サインしてもらえばよかった…。あの店もなかなか(雰囲気+料理は◎)でしたが、長年使われてきたであろうカセットコンロが火を噴き、本物の「火鍋」と化したとき、どうやって逃げるか…を考えつつ食べていました。

  • 07:16  1枚に5分かかるとすると、1250分。20時間ちょっと…か。

  • 08:47  #fklablog 記事掲載(釜石フィールドワーク) http://bit.ly/4u2eRC

  • 09:16  「寝床はいつも冷たくなくてはならない(via『峠』)」@tokyoicchiが日誌に書いているとおり、この感覚は大切。仲間ができて、居心地のいい場所が生まれる。楽しいグルワはあたりまえ。そのなかで、どこまで冷徹に現場を観察・記録できるか。

  • 09:19  そういえば、継之助を訪ねて、新潟(長岡)に行く計画もあった。(あ、そうか、それが釜石になったんだった…。)

  • 10:02  そうだった。木村さんが新潟で作品を展示しているから、それを訪ねながら、フィールドワークをするという企画だった…。

  • 12:48  (密かに注文した)例のアレ、今朝届きました。思っていたよりも薄いし、軽い。

  • 13:31  牡蠣フライなう。い、いかん。今朝の@yucaのつぶやき、サブリミナル。新手のマーケティングだったのか?


  • 17:21  きょうの午後は、比較的ゆっくり…。たまっていた手紙の返事を書いたり、書類をつくったり、例のアレをいじったり。これから、ディープな集まり。こわいよぉー。

  • 17:57  やはり、郵便局は、大混雑ですね。 GPS Location: http://is.gd/5x5H0

  • 18:39  予想どおり、新宿も、大混雑。 GPS Location: http://is.gd/5x7oA

  • 20:32  火鍋でグラウンディスト祭り。豪華メンバー。



Powered by twtr2src.

12月11日(金)〜13日(日)にかけて実施した、「釜石フィールドワーク」について、岩手日報などに取材していただきました。

・岩手日報 2009/12/15 釜石の魅力をポスターで 資源調査の成果を展示 慶応大と県立大 [PDF.png 091215.pdf]

・岩手日報 2009/12/13 釜石の街の魅力 若者の目で 慶応大、県立大が調査 [PDF.png 091213.pdf]

・毎日jp 2009/12/5 釜石市:魅力、再確認を 県立大と慶応大の学生が共同現地調査
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20091205ddlk03040008000c.html
* この時点では、プロジェクトの主旨説明がふじゅうぶんだったためか、観光地や特産品のPRポスターをつくる、という記事になっていますが、ぼくたちのフォーカスは、人びとです。まちのことや物産のこととは、もちろん無縁ではありません。でも、まずは地域に暮らす人びとに近づくことからはじめるのです。

  • 2009-12-21 23:51:56
  • 12月21日のつぶやき
  • 07:45  昨晩は、「ARって何ですか?」っていうくらいの人たちを、AR Commonsの集まり(じつは豪華メンバー!)に招きました。そこで思ったのは、使う側/見る側からすれば、そもそも「AR」ということばは知らなくてもいいのかもしれない…ということ。

  • 07:46  (まぁ、それなりに知っている…とは思っていたんですけど。)

  • 19:41  鍋、なう。



Powered by twtr2src.

  • 2009-12-20 22:41:30
  • 12月20日のつぶやき
  • 08:02  朝だ。つぶやきたい時が、つぶやく時。つぶやきたいことを、つぶやくのである。

  • 08:31  大寒波。調べてみたら、現在の釜石市はマイナス3度。先週でよかった…のかもしれない。 #kamap

  • 08:44  ぼくも、つくってみた。もう、初日の分は表示されないみたい。 #kamap RT 釜石フィールドワークでのつぶやき http://togetter.com/li/2022

  • 09:55  昨日、オサレな花瓶をもらいました。お花も。


  • 12:40  きょうも、渋谷で街頭調査です。近くにいるひと、協力してください。 GPS Location: http://is.gd/5unAy

  • 16:11  きょうの街頭調査は、終了。このあとは、AR Commonsの集まり。

  • 18:30  AR Commonsのパーティーです。 GPS Location: http://is.gd/5uD77



Powered by twtr2src.

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
--> 加藤文俊研究室
<< March 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
検索
最近のエントリー
nakanohito